会社紹介 環境への取り組み 製品紹介 ユニフォーム ライブラリ ブランド
ユニフォームの必要性

職場や学校のユニフォームは本当に必要なのでしょうか。 わたくしたちの答えは「YES」です。 仕事や勉強するためのけじめとしてのユニフォーム、企業や学校の理念を社会に伝え所属を明解にし、帰属意識の高まるコミュニケーションツール。 ひとくちにユニフォームといえども様々な役割が存在するのです。 素晴らしいユニフォームは生み出す効果も必要性も深く認識されるものです。そのためにも有意義なユニフォームは素材の企画・デザイン・品質・販売方法に至るプロセスが重要視され、ご担当者様の研究努力や相互における綿密な打ち合わせの成果から生まれます。

参考資料:日本毛織株式会社発行「ユニフォームの手引き

社会背景やトレンド傾向など、時代と共にユニフォームのありかたも変化しており、常に新たなスタイルや価値観を模索していると考えます。 職場や学校を取り巻く現状を多角的に検証すると様々な要素が挙げられます。ユニフォームに求められる価値は伝統や誇りを表現するだけでなく、オリジナリティーやファッション性なども時代のユニフォームに欠かせない要素となってきました。もちろん快適性や機能性といった着用する側の視点も近年においてはクローズアップされ、これらの多岐にわたる要素を整合させたものが新しいユニフォーム像だと考えます。

ユニフォームは企業・学校の「顔」と言われるほどイメージを決定する大事な手段でもあるのです。それだけに決定に際しては目的をはっきりさせ、あらゆる角度から慎重に検証する事が必要です。 検討項目は大きく分けて、二つの分野で考える事ができます。 まず、環境や社風・校風といったユニフォームを外から取り巻く外的要因、もうひとつはデザインや機能などといった衣服として持ち合わせた要因があります。これらを細かく検証すると次のようになります。

参考資料:日本毛織株式会社発行「ユニフォームの手引き」
ユニフォームソリューション ユニフォームの歴史 ユニフォームの必要性 ユニフォームのお手入れ ウールの特性
Copyright 2003-2005 akatsuki shoji