会社紹介 環境への取り組み 製品紹介 ユニフォーム ライブラリ ブランド
ユニフォームのお手入れ

スクールユニフォームを長く、美しく快適に着用していただくためのお手入れ方法をご紹介します。

ふだんのお手入れについて
※製品についている絵表示を、必ずお確かめください。

学校から帰ったら、まずブラシをかける習慣をつけましょう。上から下へ、生地の綾目にそって、軽くシュッシュッ。あとはハンガ−にかけてシワを回復させます。

毎日着る学校服…。時々はアイロンをかけて元気をとり戻しましょう。コツは湿らせた布を当ててアイロンをかけること。熱い蒸気がウ−ルをふっくらイキイキさせます。純毛の場合は140℃前後、合成混紡品は120℃前後が最適。

おシリのあたりや袖口など、すれるところはいつのまにか光ってきます。そんな時は、ぬるま湯1リットルにアンモニア水5ccを加えた液でタオルを湿らせ、ていねいに汚れをふきとり、あと新しいぬるま湯で仕上げぶきします。そして、ぬれタオルを4つに折って絞り、光っている箇所に当て、上から140℃前後のアイロンを強く当てます。

ハンガ−にかけて、形をととのえて陰干ししてください。ズボンやスカ−トのすそのドロは、よく乾かしてからブラシで落とします。

着用中に付着した汗や汚れ等をそのまま放置しておくと臭いの原因になりやすく、さらに水分(雨)や温度(体温)によってその臭いが強められる事があります。臭いが気になったら、速やかにクリ−ニングをします。年に4回は定期的にクリ−ニングするのが好ましいでしょう。(ゴ−ルデンウィ−ク頃、夏服になった時、冬休み、春休み期間中)

制服の洗濯方法は絵表示に従ってください。

ウ−ルにはドライクリ−ニングが最適。
必ず中性洗剤を溶かしたぬるま湯で軽く押し洗いを。あとはすすいで、絞らず、ハンガ−につるして陰干しします。

洗濯機で丸洗いできるもの。次の点に注意してください。
・白いものとは一緒に洗わないように。
・必ず中性洗剤を使用。
・ネット、脱水機は使わず、ハンガ−につるし陰干しに。
・乾いたら、型を整えるためにアイロンがけを
ユニフォームソリューション ユニフォームの歴史 ユニフォームの必要性 ユニフォームのお手入れ ウールの特性
Copyright 2003-2005 akatsuki shoji