会社紹介 環境への取り組み 製品紹介 ユニフォーム ライブラリ ブランド
ウールの特性

ユニフォームに使用される素材は使用目的によって種々の物性が要求されますが、大きく二つに区分されます。 ひとつは素材そのものの基本物性、もうひとつは着用中に要求される着用物性。 ウールはこれらの物性にたいして安定した効果を得られる素材といえます。 ここではウールそのものをクローズアップし数々の特性をご紹介します。 ユニフォームの表素材として最適なウールは「天然のエアコン」と呼ばれるほどの「冬暖かく、夏涼しい」という特徴に加え、何年経っても変わらない鮮やかで高級感あふれる色相、環境にも優しい天然素材です。素材のもつ質感や特性を肌で感じてください。

羊毛の表皮は屋根瓦をふいたようにウロコ状に重なり合っています。スケールと呼ばれるこのウロコ状の表皮が羊毛独特の特長です。このウロコがあるために繊維同士がからみあい結束し、糸にしやすいのです。 またこの表皮は湿気を吸収するが水滴を弾くと言う機能をもっています。外部の温度に応じて湿気を放出・吸収するので羊毛は「第2の皮膚」ともいわれています。

ウールは繊維表面に重なりあったスケールの働きで人間の皮膚と同じように呼吸するので不快なムレやベトツキが少なく、また常に適度な水分を含んでいるので静電気の発生が少ない健康素材です。

羊毛はスプリングのように縮れており、このちぢれをクリンプと呼んでいます。クリンプは羊毛の構造自体にあるちぢれなので半永久的なものであり、弾力・保温・撥水と衣料に欠く事のできない数々の特長を作り出しています。

クリンプが空気を含むことから外気の影響をおよぼさない性質をもち、ちぢれによる弾力性がユニフォームをシワから守る快適素材です。

羊毛はタンパク質からできておりマッチの火をつけてもすぐに消えてしまいます。繊維の中に水分を多量に含んでいるので炎を出して燃えることはありません。また、タンパク質は染料との結合が良好で深みのある色相が得られます。

タンパク質を主とする天然繊維ならではの難燃性・安全素材であると同時に、染色性の高さもウールの特長です。

参考資料:日本毛織株式会社発行「ユニフォームの手引き」
ユニフォームソリューション ユニフォームの歴史 ユニフォームの必要性 ユニフォームのお手入れ ウールの特性
Copyright 2003-2005 akatsuki shoji